32bitが2個で64bit級って懐かしいよね関係無いけど

先日64bit版のkubuntuに移行して「これでPAEとおさらばだぜ!」とフンフン鼻息荒くしていたわけですが、いかんせん64bit環境への知識が乏しすぎたなと言う感じ。

具体的に言うと、ATOKX3のツールバーが真っ白で悲しい。

ええ白いですね。

まあ白いだけだし入力さえできたらいいやーとか言うどうしようも無い方向で進めていたのですが、って言うか64bit環境にATOKX3入れる時点でかなり面倒なことになるのでそこで力尽きていたと言うのが正直なところなのですが、どうもちゃんとエラーとか見てみるとgdk_pixbuf_loader周りで32bitライブラリのくせに64bitライブラリを読みに行っているようで。なにこの子、最近流行のドジっ娘か。

とは言え64bit環境の知識もなければgtkやgdkの知識なんてゼロだぜイエアって感じの俺に直せるわけもなく。当分は放置って感じでしょうか。いいよ入力できるし別に驚きの白さでも。この問題にひっかかってるのはATOKX3のツールバーだけだし。

てか64bit環境でwine使って普通に32bitなWindowsアプリケーションが動いてるの見て「なにい?、wineてどう言うことなんだ?」とか思ってよく見てみたら64bit環境でも32bit向けにコンパイルされたwineが入っているようで。ぬかりねえなw。試してみたソフトがマギーたんのAliceってとこがまたなんとも。

まあもう少しamd64がどう言う仕組みなのかをちゃんと調べんとだめだわね。「わーい何も考えずにメモリ増えるよー」とか軽い気持ちで突入したらあかんて話。まあ、当然なんですけどね。radiko使いたくてAir入れた時もなにげに苦労したしなあ。

余談。

Wnn8?、なにそれ美味しいの?。

[追記: 解決編 ]

コメントを残す