LinuxとSteamでゲームができなかった

何気に最近ビッグタイトルがSteamOS向けで出てますねえ。遂にララクラフトさんまでLinuxにいらっしゃって。英語字幕ではあるそうですがダンガンロンパなんかもあるんですねえ。
流れ的には素晴らしい話なわけですが、先日Steamで「アニメウィークエンド」とか言うよくわからないセールがありました。基本的にSteamさんが指す「アニメ」の定義がよくわからんとこなのですが、つまりはアニメっぽい絵な作品…なんですかね。そうなるとビジュアルノベル系がメインなのかなと思いきや虫姫さまやデススマイルズがぶっこまれていたり。うーん、過去にこう言うゲームが少なかった頃のSteamを思い出すと何気に凄い絵ではございますね。
で、そんなセールがあったわけなのですが、そのセール対象品がどうもSteamOS対応作品が少ない。例外はそりゃああるのですが、どうもやっぱ日本のメーカさんには受けてないのかなーと言いますかそもそもSteamMachine自体日本での発売いつですかーな状態で対応とかなかなかねえ。「いやMachineじゃなくても対応するだけでLinuxデスクトップでもプレイしてもらえるんですよ!」と言うアッピールも、まあパイの数を考えるとねえ。

っと前置きが長くなりましたが、今回はおすすめSteamのゲームの中でLinux/SteamOS対応していないので悲しいゲームを紹介したいと思います。まあ、それってすげえ数多いんですが、軽くつまんで。

虫姫さま

とにかく縦シューは数がねえ。若き頃休日にゲーセンが開く時間に合わせて電車で通ったTAMとしましてはアーケードからの移植モノの縦シュがSteamOSになかなかこないのは本当に切ない。
で、とりあえず虫姫さま。先にも書きましたが「アニメウィークエンド」対象だったのですがアニメ絵要素と言えばステージクリア時とEDのレコ絵くらいじゃないのかなあと。むしろゲーム画面はややリアルな虫の数々とトラウマになりかねない弾幕の嵐ですからねえ。
個人的には稼働早々まだUltraモード無い次期にせっせとゲーセンに通ってマニアックモードやりまくってた思い出のゲームでございます。PS2版同様でアレンジモードが入ってますが俺の好みとしましてはBGMはオリジナルのままアレンジモードやりたいんですけどねえ。

あっさりしたSSですが、個人的に5面はラストのアキよりも道中が好きなんですよね。BGMも好きだし。まあ、もはやどうなってるのかさっぱりと評判のエロい真アキ弾幕が見たい方は「真アキ」画像検索でぐぐるといいんじゃないでしょうか。別に止めませんよ。

斑鳩

アケからの縦シュ続きます。これもアーケードで夢中になったゲームですが、むしろ「ドリームキャストユーザでよかった…」と心から思ったゲームでもありますねえ。SEGAはそろそろ次世代機出した方がいいんじゃないですかねえ。
自機の属性を入れ替えることで当たってもいい色の弾(むしろ当たるべき弾)とあたっちゃいけない弾をうまく避けたり拾ったりしつつ、同じ色の敵を3体づつ倒すとチェイン発生と言う。まあよくレイディアントシルバーガンの流れを組むと言われますが、こう文章にするとシンプルなもんですねえ。実際にやると結構ひどいんですけどね。
チェインを狙わずにただクリア目指すだけであれば属性システムがいい感じに作用しますのでパズル要素さえ抑えていけば結構進めたりする、なんだろうエスプガルーダ的な良心。
なによりも世界観がかっちょいい。曲もかっちょいい。そしてCAVEゲーではなかなか無いEDで泣いてしまう謎の悲しさ。いや、CAVEゲーも悲しいEDとかありますけどどうしても笑いが先にきてしまってですね…。

アケやDC版にあった機体に向かって歩く森羅はありません。

One Finger Death Punch

使うボタンは2つだけ。右攻撃、左攻撃。棒人間がひたすら敵を倒す、たったこれだけのゲーム。むちゃくちゃ楽しい。
てか説明しにくいので、俺のド下手なプレイで申し訳ないですが動画を上げます。

この無駄なスタイリッシュさと馬鹿馬鹿しさと楽しさ、わかりますかね。

The Elder Scrolls V : Skyrim

今更何のコメントが必要か、と言うくらいメジャーでビッグなタイトルかつ素晴らしいゲームなわけですが、しっかり作りこまれた世界の中で自由に冒険をし、一応クリア要素はあれど結局のところ割とどうでもいい、そしてmodで広がる世界、5年前のゲームなのにまだ遊べてしまう、ある日はアクションRPG、気がつけばエロゲーと、もはやなにがなんだか分からない。
本当に余談になりますが、サイドストーリーやアイテム集めなんかをやりすぎて未だにメインラインのED見てない事実。恐ろしいですね。
セールになるとかなりお安いのでとりあえずDLC全部入りを買いましょう。そして、ENB入れて、nexsusmodsとloverslabにユーザ登録しておきましょう。「loverslabはいらないんじゃ…」と言う方もいらっしゃるかと思いますが、いるでしょ?、えっちいのいらないんですか?。
まあとにかく、セールによってはワンコインとかになってるゲームですが、最低でも2・3年は遊べる恐ろしいゲームですので買ってみては如何でしょう。

入れているmodがmodなので気を許すとSSに写っちゃいけないものが写っちゃう、細心の注意を払って撮影。
ああでも、紹介できてよかった。TES6が出る最はSteamOS対応よろしくお願いします。

Sakura Clicker

Winged Cloud。若干硬派なイメージのあったSteamで鈍い光を放つ開発元。殺伐とした雰囲気に差し込む癒しであり、各種プラットフォーム対応に理解もあり、尖った心を優しく撫でてくれるかのような存在。一言で言うなら、おっぱい。
とまあ、頭に「Sakura」がつくゲーム展開してるとこです、と言えばSteam使ってる人なら「あー…あそこね…」くらいにはご存知かと。そう、あの全年齢対象ゲームを18禁ゲーに切り替えるパッチを自ら配布する実に尖ったとこです。
基本的にSteamOS対応のゲームもがんがん出してくださるところなのですが、このSakura Clickerは現時点ではSteamOS未対応です。なんで現時点かっつーと、クロスプラットフォームなゲームエンジンの話が出てるっぽいので、きっとそのうちくるんじゃないでしょうか…。
で。
どういうゲームなのかと言いますと、まあ、クッキー焼く的な。ダメージとコストのインフレに頭を抱えつつ放置orクリックするゲームです。「うはーダメージが遂にメガ単位にwww」と思っていたら数時間後にはPとかEとかなかなか実際に見る機会は無い単位まで数字が跳ね上がっていきますのでなかなか。
まあそんな数字を楽しみつつも、この開発元のポイントでもある可愛い女の子withおっぱいをつついて追加ダメージを、とか言うかなりアカンやつですわこれ。
まあ、それなりに楽しめるんですが結局放置が基本になるのはちょっとなー。

ちなみにこのゲームFreePlayでございます。DLCで右で棒立ちしてるおっぱいの服とか髪型を買えますが、ただそれだけです。ええ、全部買いましたとも!。SteamOS版出してもらえるなら。

と言うわけで。
Linux/SteamOS未対応ゲームで対応あくしろと言いたいものをちょっと並べてみたのですが、ぶっちゃけただの紹介だなあ。
海外では大きなタイトル、XCOM2もだしGRID Autosportなんかもきてて「おおお!」なんて思うわけですが(まあValveゲーがくるのは当然ちゃ当然なんだけどさ)、やっぱこう、CAPCOMさんとかね。こないかなあ。ストリートファイターシリーズとかもあるじゃないですか。
しかし海外のソフトで結構しっかりSteamOS対応されてきてるってのは、SteamMachineがさり気なく普及してるのかそれともValveが開発元に一生懸命お願いしてるのかは分かりませんが、なんででしょうねえ。
まあそうなるとMachineも出ていないしLinuxデスクトップがそないに一般的でもない日本向けでのタイトル拡大ってのは、うーん。手間とお金をかけて移植しても利益が見えないならなかなかなー。

まあ、Valve頑張れ、もっと頑張れ。あとSteamハード各種をさっさと日本で売れ。

コメントを残す