5月 182014
 

 前回のエントリで何て言ったかなーと言う感じのTAMです。どうも。

 と言うわけで最近の自分のPC周りの話でも。
 
 kubuntuの頃からBlackmagicのIntensity Proと言うキャプチャボードを使っております。これなかなか便利でHDMIをキャプチャできる、かつSVideoなんかも撮れて、音声を別からも録れる。こういうのが1個あると別PCを録画できたりとかして色々と捗るわけでございます。
 が、なんかしばらくopensuse未対応となっていたり。まあdkmsが標準で入ってないシステムですしねえと言うのはあるんですが、確かX周りのライブラリの依存でエラーが出てたような。
 それが何気なく先日出てた新ドライバだとopensuseの文字が!。さくっと入れてさくっと動作。素晴らしいですねえ。
 余談ですがdkmsがちゃんと動かなくてちょっと悩みましたが原因は/var/lib/dkmsが存在しなかった、とかだったり。うーん。
 Media Expressなる素敵アプリケーションが付属しますが、こんなものもあったりしてね。ffmpegあたりと組み合わせるとニコ生あたりへの配信なんかもできたりできなかったり…。
 
 あと、なんとなく使い続けていたRadeon HD 6770からR9 270にチェンジ。まあなんて言いますか、グラフィックボードの名称ってなんでこんなに分かりにくいんでしょうねえ。もっとこう、「数字でかい=つおい」とかにできないものでしょうか。
 それはさておき、まあ特に変える必要性と言うのがあったのかと言われると微妙だったのですが、とりあえずHD6770はいい加減古くなってて壊れる前に変えたいなあと言うのがあったのと、ゲーム用WindowsPCはGTX660なので(これももう古いなあ)まあ同じくらいの性能のものにできればなあ、と言う感じです。
 まあLinuxで使うからAMDなの?とか、まあそうかなあと言う感じです。別にnVidiaに中指立ててFから始まる4文字単語を吐き捨てるくらい嫌いってわけでもないし、かと言って昔からATI好きなんです、とか言うわけでもなし。このボードを選んだ理由は、趣味でシェーダプログラミングを進めていくのには充分なものだなーと言う点と、あとは安かったからです。
 別に旧モデルのリネームでも全然いいのよー。むしろウェルカム。
 
 そう言えば。
 左手用デバイス、と言えば。logitechのG13。まあゲーム向けデバイスなんですけど、過去になんとなく欲しくなってこれ買ったんですよ。俺はトラックボール使いですから、右手にKensingtonのでかいExpertMouse、左手にG13とか、なんかこうモビルスーツ操縦してるみたいじゃね!?的な。いやまあ、実際はそんなかっこいいものでもないんだけど。
 でまあ、ゲームに使うこと前提で確か2年くらい前にG13買ったんだけど、まあなんと言いますか、TAMはこう若干体がコンパクトでございまして、結論から言うと指の長さとデバイスのサイズに差が…ね。
 とは言えゲームみたいに正確で的確な入力を求められるのは置いといて、例え俺みたいに「サイズがちょっとあわねえ…」とか言う状態でも左手用デバイスってのはあると便利なのよねえ。
 で、こいつをLinuxで使う方法はいくつかあるんですけど、Gnome15と言うのがなかなかすてき。各ボタンへのキーのマッピング、マクロ登録、LCDをつかったプラグインなんかの管理がGUIでできてしまう素敵ツール。Gから始まりますが、KDEでも当然大丈夫でございます。
 実際ゲーム以外でもこういうデバイスって使い所かなりあると思うのよねえ。gimpなんかと組み合わせるとかなりいいんじゃないかなあ。
 
 ああ、ゲームつながりで。
 先日久々にLinuxでsteamを開いてみたら、なんかPortal2(beta)とか書かれてるじゃないですか。え、何今更Portal2をLinuxに移植とか意味あんの?大丈夫?とか思ってしまいましたが、ああ、冷静に考えればsteamOSってLinuxベースか…と。
 そう考えるとsteamOSが存在感を強めれば強めるほどLinux向けのゲームってのは増えてくってことになるのかなあ、とちょっと期待しちゃいますねえ。最近のsteamは萌えゲーはおろか乙女ゲー的なものも見かけたりするわけですし、斑鳩まで出ちゃったりしてるわけですし、楽しみっちゃあ楽しみな…。

4月 062014
 

 「最近やったエロゲは?」と聞かれてドヤ顔で「skyrimです!」と答えるくらいには心が腐ってるTAMです。どうも。
 日記のエントリを見てほぼ毎回「お久しぶりです」からはじまるのを見ると、さて一体日記とはなんだったのかと考えざるを得ない切ない気持ちになりますよね。あ、どうもお久しぶりです。
 
 んでここ一年どうしてたのよ、って話なのですが、いや別に普通に働いてゲームして飯食ってうんこしておりましたよ?と言う感じですよ。まあ、色々あったのは事実でございますが公衆の面前で取り立てて言うような事例はあまり。
 んまあこんなペースでございますからあまり時事ネタは使えないよなあ。
 
 とりあえずゲームの話から。
 えー。タムリエルの地に色々なかたちで降り立った方々も多いかとは思いますが、実は俺もちょろっとElderScrollOnlineのβ参加しておりました。skyrimやらの流れから考えるにのんびり街を歩いてたらみるみる知らない人がスニークでよってきてもりもりアイテムすられる世界とかいやですよ…とかプレイ前はどきどきでしたが、まあ当然そんなことはなく。ゲームとしてはいいんじゃないかな、と言う感じでございました。正式サービスも開始するかもうすぐかって感じですが、TAMは正式スタートはちょっと参加できませんがそのうちやろっかなあと思っとります。
 まあESOの最大のネックは全編英語ってとこなんですよねえ。過去作をやっていればまあ辞書片手に字幕を見ながら楽しめる感じなんだけど、知人に勧めにくいのがね…。
 
 PSO2の話。
 えーぶっちゃけ全然やってません。先日久々にプレミアム入れたと言うレベルで、アドバンスのSHが入ってたり☆11が標準の時代がきてたり新PAやらテクやら実装されてたりなんですけど、相変わらずLvキャップそのままだったりなのですね。
 正直なところ予告緊急専用ボスとか実装してそこに新アイテムドロップを導入とかされてしまうと一気に冷めちゃう。PSUと言うクソゲオブザイヤーにも選ばれたある意味神ゲーを何故続けられたのかと考えると、「死ぬ気で回っても出る気しない運営は氏をもって詫びよ」と言うレベルのドロップ率であっても0では無い以上宝くじ当てるような感覚で出っちゃうかも知れない、と言う、それこそ地獄に1本垂れ下がった細い細い蜘蛛の糸のような希望があったからこそ続けられたわけなのだけど、予告緊急専用とかその時間にプレイできない=確率は0、何倍しても0*nは永遠に0なわけで、それに苛ついてプレイするのをやめてましたねえ。
 まあ最近再開してみたのですが、結局チケとFUNもらって帰るだけになってるなあ…。
 
 さてまあ、あんまりプレイできてないゲームはいいや。
 コンピュータ関係の話。
 毎年「今年の目標」に「いっぱいコード書く」が入っているTAMですが、昨年はどうでしたかと言われると、実は結構書いたんですよねえ。一行も公開してませんけど。
 なにを書いてたかってえと、まあQt5とOpenGLを使ってごにょごにょ…と言うライブラリをもりもり書いておりました。ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますがOpenGLのコードって書き始めると本当に大変なのでそれを可能な限り自分の手に合ったかたちで簡略化できないかなあと言うのをずっと考えていたんですよねえ。
 まあ、このへんはまた別エントリにでもまとめましょうか。実際今も書き続けております。昨年の頭あたりから1年以上せっせと積み上げてる感じですねえ。
 
 そういえばubuntuOneサービス終了なのですね。クラウドサービスの終了と言うのは色々と物議を醸し出すことが多いわけですが、ownCloudに随分前に完全移行してしまったTAMにとっては遠い世界の出来事なので多くは語りませんて言うか語れません。まあ正直、もう全部ownCloudでいいんじゃないかな、とか思ってますが、若干の敷居の高さはあるなあ。
 ownCloudホスティングサービスを安めの月額使用料でやる国内向けサービスとか開始したら結構いけたりしないかねー、とか妄想もしますが、まあ、便利なんですよこれ。何が便利って自宅のネットワークにownCloudサーバを1台用意できるとわざわざ自宅のマシン同士のファイル同期に外を経由することもなくなるし、複数のownCloudサーバを束ねるなりのこともまあ、ちょっと小技は必要だけど工夫次第でできるのよねえ。
 まあこのへんの話も機会があればまとめるかなあ。
 
 そうあと。
 最近やっと携帯を変えました。いやまあ、スマホなんですけど、今年に入ってついに我がスマホもAndroid4.1です。それまでずっと2.3だったとかびっくりでしょう。いやまあ、正直通話できればいいに近い人ですから2.3でもほとんど困らなかったって言うね…。
 この日記を検索して来る方々でQt for Android情報を求めている方々ってのはいまだ多いみたいなんですが、すみませんクッソ古い情報しかありませんので他をあたることをおすすめします。まあそれくらいAndroid周りにはうといです。
 
 と言うわけで、ざざざっと徒然なるままに書いてしまいましたが、できるだけ、できるだけまめに日記は書こうとか思っております。と言うかこのセリフ何回目でしょうか。

6月 262013
 
 最近は尼のMP3ダウンロード販売とかで懐かしい曲が買えちゃうわけで、ああ、懐かしいなーと昔好きだった曲を購入して聞いてみたら当時はなんとも思わずに聞いていたはずの歌詞が実はすげえ重くてゲロ浦さんになりかけたりとかありますよねえ。昔から音楽は音の流れを楽しむもの的な感覚で歌詞とかちゃんと見ない人だったってのもあるかなあ。
 あ、TAMですお久しぶりー。
 
 先日も書きましたが、openSUSEユーザになりました。自宅には実機でのkubuntuマシンはすでに残っておりません。やるなら、てってってーってーってー的にです。何言ってんでしょう。
 まあ前も言った通りで別にkubuntuに不満があるとかubuntuの将来とKDEの将来との誤差にフアンガー、とか、そう言うのんじゃないですよ。いや不安はありますけど、今すぐ動く必要があるとも思えないでしょう。
 要するに一目会ったその日から恋の花咲いちゃったと言うだけの話ですから。
 しかしopenSUSEでエントリをまとめようとか思ってたんですけど、正直よくまとまってて書くことないのですよねえ。YaSTの存在がポイントなんでしょうが、fstab周りまでGUIで編集できるとか素敵やん。俺は嫌いじゃないです。
 まあパッケージマネージャの感覚がかなり違う感じはします。でもまあ、ひと通りいじったらあんまり触らなくなるとこだしねえ…。
 
 ゲームの話。
 PSO2は一応スタンプとチケットとFUNだけもらいにいっております。DFラッシュがかかってるらしいのですが、行けねえよバーロ、と言うことでほとんど遊んでないのよねえ。サイコがユニクロ化しちゃったらどうしよう…とも思いましたが、チムメンに聞くところではサイコどころか赤すら出ねえよハゲ氏ね、的な感想だったのでまあ行けなくてもいいかな…。
 ま。Lv60のDF、いいんじゃないでしょうか。「破滅の一撃は吸引力ー!!!!」って感じ。そんなことよりLv上げしたいです。まだLv56で止まったままなのよ。
 
 ゲームといえば、最近3DSの充電コードが壊れてついに充電できなくなってコードをぽちったりしていますが、3DSのすれ違い通信のゲームが増えましたねえ。1500円で4種類セットになったパッケージがあってお買い得ですよ!とか謎の生物におすすめされたのでそれ買ったのですが、まあ、なんだろ。すれ違いガーデン?がなんとも言えなくて。花を育てるのはいいのだけれど、自分で水をあげることができなくて他人から水をもらって花を育てるってのがなんかこう、どうしてこうなった感が。
 そうそう、俺3DSを充電しつつ自宅に放置とかしてたんですが、毎日同じ人とすれ違ってて気まずいです。そろそろ個別挨拶を送ったほうがいいのかしら…とか考えたりもしましたが、オンゲと同じ感覚で進めるのもねえ。これがオンラインゲームなら「お嬢さんパンツ何色?」くらいのDMは送るとこなんですけど。
 
 そいえば結構前からsteamがLinux対応しとります。ご存知かとは思いますが、ubuntu以外でもopenSUSEでも普通に導入できます。まあ、steamのイメージってえとやっぱFPSとかの印象が個人的には強かったりするのですが、Linuxでも遊べるsteam経由で購入できるゲームでTAMのおすすめはBastionです。タノシイヨ。
 PortalとかLinuxに移植されないかなあとか思ったりもします。そうだなー、あとAMRとか。DMCとかが移植されることは…ないんでしょうねえ。
6月 192013
 
 PCの壁紙を見た母親から「もう君はリアルの女の子には興味はないの?」と真顔で聞かれたりもしたけれどわたしは元気です。TAMです。
 まあここのところいろいろとありすぎてヘロヘロでしたが、まあそれなりに踏ん張っております。
 
 えーと、kubuntu、本当に良いdistributionですねえ。ubuntuと言うシステムの上にKDE、素晴らしいです。よくできてます。感動ですよね。
 と、言うわけで、openSUSEに移行しました。
 
 なんでやねん、って感じですが、まああれだ、ちゃうねん。なんとなくopenSUSE12.3を試してみたら「なにこれ超かっこいいんですけど…」とか思ったりしてうっかりサブのノートPCを入れ替えて触ってたら「あれ、メインももうこれでよくね?」とか思っちゃったりして気がついたら全部入れ替わってましたわはははははは。
 まあ、KDE好き好きなわけでしてKDE動けばその下はどうでもいいとか言ってしまうとそうなっちゃうわけで。でもその理論だとWindows版もありますからWindowsでもいいのでは…と言われると答えはYESかなあ。結構めんどいのでやりませんが。
 またどこかでopenSUSEに関してはまとめるとして。
 巷ではこう、ubuntuの方向性とKDEとかうんたらかんたらとか色々あったりもするみたいですが、別にそういったことが原因ってわけではなくて、まあ、なんとなく変えちゃったのよねえ。自分のやりたいこととかやってたことそのまま移せるのも確認できちゃったし…。
 
 そう言えばメインのLinux環境だけじゃなくて、ちょっと前にはなりますがWindowsマシンも8に移行しちゃったのよねえ。何気に評判がいまいちなWindows8ですが、俺は結構嫌いじゃないのよね…。起動速いし。スタートボタンがどうのこうのとか言う話が多いですが、正直あの程度の変更で使えなくなるようじゃLinuxのデスクトップとかまあ使えないよねえと言う話です。
 
 さておき。
 10年をながく感じるか短く感じるかと言うのは意見の別れるところではあるかと思いますが、20年を短いと答える方はさすがに稀かと思います。
 先日、20年連れ添った猫が逝きました。気がついて見れば親と一緒に暮らした期間と大差無い間ずっと一緒に過ごしてきたわけで、思うところも色々ありました。
 猫で20年と言うのはそれはもう充分すぎる時間であって、そりゃあもっとながい間一緒にいたかったと言う気持ちで一杯ではありますが、始まりあるものは終わりがあるもので、結構前からそろそろいつお迎えがきてもなあと言う心の準備的なものもできていたと思います。ただまあ、日常が変わると言うのはやはりくるものがありますねえ。ただいまと声をかけても返事もない、飯をよこせと体当たりしてくる姿もない、終始物音のしない自宅はこれほど静かでつまらないところだったのかと言うのを実感します。猫がいないだけで、自宅で言葉を発する機会が本当になくなってびっくりです。
 まあでも、落ち着いたらまた猫飼うんだろうなあ。
5月 012013
 
 と言うわけで数日kubuntu13.04を使ったメモでございます。
 
 えーっと、ibusのツールバーとかトレイアイコンが全く出なくて凄い困ってしまって(入力はできる)、ちょっとggってみたら色々解決法が出てたのですが、どうもそれらの情報が全部結構古い。アルェー?、最新版では起きないのー?と思いつつ書かれてる方法を全部試すもうまくいかず。
 仕方ないので本来真っ先にやるべきであるログを見たところ「アイコンみつかんない、やめやめ」的なログがあったり。
 KDEをメインで使うわけなのでgtk周りはほとんどスルーしてしまうわけですが、gtkのアイコンセットをちゃんと指定してやることで起動するようになりました。罠だなあこれ。
 って言うかなんでアイコン無いくらいで起動すらしないんですか軟弱者ですかセイラさんにビンタされたほうがいいんじゃないですかそもそもツールバーにテキストのみでアイコンを表示しない設定とかにもできるのになんでアイコ(……中略……)ので繰り返しにはなるのですがつまり地味子に勝てる人等いないわけです妹や黒猫でハァハァしてる輩は少し頭を冷やすべきだと俺は思います。
 
 少し脱線しましたが、もうひとつ困ったのが、skypeが起動しないことですかねえ。
 先日友人とやりとりしてる最中に「あーもう面倒臭いからskypeログインしてくれねえ?」と言われてあーもうそっちのがめんどくさいようと思いつつskype起動したもののうんともすんとも言わず「あーskype起動しねえわあcore吐いて死ぬわあマジッベーわー残念だわーじゃあおやすみ。」的なことになったりしたわけです。
 どうもこれnvidiaのプロプラドライバの32bit版libGL.soが落ちてるらしいです。ので、mesaのlibGLをpreloadさせることでちゃんと起動してくれるようで。
 まあこれskypeとnvidiaドライバと言う組み合わせなわけで、「だから不自由なソフトウエアを使うからこうなる」と言われそうな感じでございます。全くもって俺もそう思うと言いたいところなのですが、では友人や同僚すべてに自由なソフトウエアのみを使わせるにはどうしたらいいのかがわからないところでございます。
4月 272013
 
 って言うAAを思いつきました。まあどうでもいいですね。
 OSのアップグレードを即やるなんてモグリですよ多少あらが出きってからアップデートするのが通でしょ推奨されてますし。と、俺も思うのですけど、なら何故しつこくなんども「新しいディストリビューションアップデートが利用できます押せ」と定期的に通知されるんですかやめてくださいよ押しちゃうでしょう。
 と言うわけで。押しました。
 
 で、kubuntuの13.04のアップグレードのお話をするわけですが、俺はひねくれておりますゆえ以下のような前提があることは留意していただきたい。
 まず、ATOKX3ユーザでございます。
 そして、Qt大好きっ子でございます。
 以前のバージョンでもKDEのアップデートはちゃんとしていたので最新KDEの乗った12.10からのアップグレードです。
 ではどうぞ。
 
 今回のアップデートは普通のubuntuだとちょっと速くなったくらいの差だそうです。まあ、使ってないのでそのへんはわかりませんが、kubuntuの場合さり気なく大きな違いが出てきております。
 それは何か。簡単な話です。Qt5がまざっとります。
 
 Qt5が混ざること自体は大した問題じゃない、ぶっちゃけどこに混ざったのかもよくわかんないかもしれないし気にならない人には全くどうでもいいことに思えるかもしれませんが、先に上げた「前提」を見て頂ければ簡単な話ではないと言うのはなんとなく想像つくかと。
 具体的に言いますと、Qt5でどうやってATOKX3で入力するんでしょう?と言うお話です。結論から言ってしまうと、俺はibus-mozcへ渋々移行することとなりました。
 
 実はアップグレードする前からQt5向け開発環境の整備を渋ってたのも理由はこれだったんですよねえ。まあ、来るべき時が来ちゃったのかなあと受け入れることにしますが、もしもそれでもATOKを使いたいのであればQt5のみibusを使うかたちにしてgtkとQt4はiiimとximでーって方法も、できなくはないですねえ。/usr/share/im-config/data/あたりのファイルをごにょごにょ・・・。
 で、このQt4/Qt5の壁にぶちあたるアプリケーションはなんだ!って話なんですが、ぶっちゃけますとqtcreatorです。やべえ俺的にchromeに継いで使うアプリケーションじゃないですか。因みにchromeは主に可愛い眼鏡の女の子のイラストを見るのに使われていますとかそんなことはどうでもよろしい。
 
 まあ、Qt5とQt4ってぶっちゃけそんな大幅なコード修正を強いられることも無く移行できる感じで、過去にあったQt3→Qt4の思い出すだけで血の涙が出そうな感覚とは随分違います。このへんは皆様誤解しないで頂きたいところです。対応するプラットフォームも増えましたし、Qt4からQt5に移行するのは全く問題ない、むしろ推奨されるべきところかとも思うのですが、やはり混在となると色々問題がねえ。そしてこのバージョンのkubuntuは、ちょっとばかし混在しとります。まあQt4向けのqtcreatorをコンパイルして突っ込むってのもありなんですけどね。
 ただまあ、Qt5でximが使えるように整えられるかどうかはわかんないし、正直整える方向が正しいのかどうかも俺にはちょっとわかんないですねえ。まあどっちにせよ、iiimqcfもありませんからQt5でATOKX3使った入力は諦める方向になりますねえ。
 
 で、それはおいといて。
 
 kubuntuのページを見ていただくとドヤ顔で「新しいスクリーンマネジメントツールだぜヒャッハー!」と紹介されているツールがありますが、すいませんapt-get remove kscreenとかさせて頂きました。理由は今までのディスプレイ設定で調整してあるデュアルモニタ構成を起動時に毎回キレイに上書きして下さるからです。ぱっと見とてもわかりやすいツールに見えますが、何故既にあるものを作りなおしたのかは俺にもまあよく分からないところですねえ。とりあえず余計なことされるのは困っちゃう。
 
 もうひとつ。
 これはkubuntuのアップグレードでってことではないのですが、スクリーンロックがどうやっても無効化できないって謎の問題を抱えているような気がしますねえ。正直KDEのコントロールセンターの配置って物凄くわかりにくいところがあるんですが、例えばスクリーンロックやスクリーンセイバーに関する設定って「ディスプレイとモニタ」以下にあったりする(以前はまた別のとこにあった気がするなあ)わけですけど、こことは別に電源管理のところにもロックに関する項目があります。前者は単に一定時間触らなかったときのソフトウエア的?な設定かと思うのですが、後者に関しては例えば電源状態に合わせて一定時間触らなかった時の設定ってのができる・・・・ってわけわからんでしょもうw。
 で、この後者のほうがどうも設定反映されないところがあるような感じですかねえ。On AC Power時のタイムアウト時間を無効にしても開きなおすとやっぱり元にもどってる。powermanagementprofilesrcあたりに記録されるんだろうなあと見てみてもどうも残っていなかったり。
 電源管理の方はActivity SettingsでUse separate settingsを選んでチェックを外していけば一応無理やりロックかかるのは外せるみたいな感じですねえ。この辺、謎です。まあ、設定が反映されないのはバグなのかなあ。ちょっと探ってみたいところ。
 
 あとちょっと気になった点としては、果たしてibusをremoveしたい人がいるかどうかは別として、ibus消そうとするとkde-l10n-jaも消しにかかるのはちょっと驚いた。いやまあ、組み合わせとしては大多数が使うんでしょうけどさあ・・・。
 
 まとめます。
 
 えっと、今までのkubuntuですんなりすべてがスムーズに進んだことがありましたか?と言う前提でお話しますと、今回も今までと変わりません。以前までを上出来とするならば今回も上出来。
 kubuntuのいいところはubuntuの便利さの上でそれなりに最新のKDEをぶん回すことができると言う点だと思うのです。とはいえ、もちろんkubuntuにしかない実装もちょろちょろあるわけですし(muonとかもそうですねえ)完全な生KDEではありませんがそれらがとにかく使えるように整備されているってところは相変わらず素敵。KDEのアップデートも比較的簡単につっこめますしねえ。
 今回はTAMはATOKを諦めると言う悲しい選択にはなったのですが、正直これレアケースのような気がします。12.10をそんなにいじらずに使ってたならそのままアップグレードでいいんじゃないですかねえ、わかんないけど。
 まあ、もしもQt5が入ってきて過去のKDE4.0とかをフラッシュバックしちゃったりする人がいるなら、そのへんはATOKX3使ったりしてない限りは安心していいんではないでしょうかねえ。まあ、KDE5が出たらまたわかんないですけど、少なくとも自分で書いたQt4向けコードはほとんどが小さな修正でコンパイルできて動いてますからねー。楽観視しておりますよ。
4月 272013
 
 よく晴れた夜空を見上げるだけでもこの地球と言うのは無数の星の一つに過ぎないのだなと実感できる。……おお、このフレーズちょっと良くないですか、惚れちゃいましたか?月が綺麗ですねしちゃいましたか?。
 あ、お久しぶりですTAMでございます。買い忘れた猫の餌を買いにとぼとぼ歩く道中ですらポエムを生産できるくらいには自己崩壊してる感じです。
 
 近況としてはですね、ゲームとか全然できてねえ感じです。例えるならばまあ、崖っぷち?。崖っぷちに立ってると言うよりは崖っぷちで片腕でぶら下がってる感じですかねえ。しかも数人ぶら下がってて一人落ちると宇宙ヤバイする感じでしょうか。まあ、乗り切りますけどね意地でも。
 
 ゲームとかまあしたいんですけどあれやり始めると寝る時間がねえ。PSO2もLvキャップ開放とかしてるのでさくっとカンストさせにいきたいとこなんですが、なかなか。FUNだけもらって落ちる毎日です。
 
 で、ゲームのかわりと言うのはなんなのですが、短時間でちょっとずつ進められるものとして最近結構コードを書いてたりしますよ。頭の中で仕様書を練ってそれをなんとなく1時間くらい寝る前にコード化してみるわけです。ちゃんと動くかどうかわからないけど、とりあえずコンパイルエラーは出ないところまで持ってって一休み、と言う変な気分転換です。脳内設計上では完動するはずなんですけどねー、的な。
 
 まあそんなこんなで踏ん張ってるTAMですが、kubuntu13.04にアップグレードしました。まあこれを別エントリでまとめますかねえ。
9月 012012
 
 はいどうもお久しぶりです。元気ですよー。
 TAMはですね、まあ粗方の予想通りゲームしております。PSO2。
 面白いか?と言われるとまあ、元々好き嫌い分かれるゲームだしなーと言う感じではありますが。MHみたいに頑張ればどうにかなるゲームでもありませんしねえ。要求されるのはリアルラックと言うなかなか潔いゲームですから「出ないでない」で心折れたら終了と言うなんともね。
 まあこのシリーズずっとそう言うゲームですからそれを楽しめるかどうかなんですけどねー。
 
 TAMはフレ数人とPSO2に行ったので特に苦痛ではないのですが、「面白そう」と単独乗り込んだ方はなかなか難しかったんではないですかねえ。珍しい武器や強い装備を必死で掘ったり作ったりして自慢しあうゲームですからそれを楽しくできる相手がいないとすぐ終了しちゃうわなー。
 まあそれでもまだ沢山人はいるみたいなのでLv上げも難しくないですし野良で募集すればPTもそれなりに(人気クエなら)組めますからとにかくフレ作ることに意識を持てば結構楽しめるんじゃないかなー。このゲームじゃないけど、一緒に酒飲みに行くようなフレが出来てしまうこともあるしねえ。
 
 で。まあPSO2の話をだらだらと。
 とにかく今回アクション性が高くて、ある程度PSを要求されるかなーと言う感じではあるんだけど、別に無くてもどうにかなるので敷居は低いと思うんだよねえ。ただまあ、上を目指すときりが無いのも確かなんだけど。
 武器防具の強化がとにかくエロいのはまあおいといて、俺Foやってんですけど、武器にせっせとテクⅢラグソアビⅢとかつけてもワンキルできなければ正直大差ないわけで、ならその分手数を増やすためにミラージュの回数を減らす工夫をしてみたりとか空いた隙に殴ったりガンスラに持ち替えたりしてPP少しでも稼ぐ工夫をしたりとかした方が結果的にDPSは上がったりとか・・・まあ強い武器でその動きするのが一番いいのは確かなんだけど、それを阻むのがドゥドゥの存在でしてねえ。
 
 「そんなこと言って結局Raゲーなんでしょ?」とか言われそうですが、答えはまあYES。
 いやまあ、いずれはRaゲーなるだろうとは思ってたんだけどまさか最初からRaゲーだとは思わなかったですよ。火力のFo()って感じです。まあ雑魚殲滅能力はFo高いんですけど、Raにもランチャーあるしね・・・って感じですねえ。まあFoのいいところは装備にお金かかんないところと他の職にくらべれば楽なとこですかねえ。ミラージュエスケープの性能がめちゃめちゃいいこともあって死亡率は極めて低いですし、手数を増やしてもまあレスタありますから即死しない装備さえ揃えればどこでもいけますねえ、クオーツ以外なら。
 
 で、そんな相変わらず相変わらずなPSO2も今月半ばには新クラス導入だそうで。打撃射撃法撃と各クラスと武器カテゴリ追加で面白くなりそうなのですが、まあ打撃のダブセツインダガーナッコーはまあ予想通りなんですが、ツインマシンガンとウォンドはなにげにちょっと予想外でしたなー。
 ツインマシンガンが動画でみるとあまりにスタイリッシュすぎてかっこいいので衝撃なのですが、個人的には殴りテクターってのが気になるねえ。なんだろ、打撃振ったマグ用意しといたほうがいいんかね。FoはラグソテクⅢつけとけ!、的な方向から「ヴォルソないんですか移動しますね^^」的な・・・それはねえか。
  ウォンドはギアも用意されてるらしく、打撃に法撃が乗る?。どう言う仕組みにするかはわかんないですけど、面白そうではありますねー。
 
 まあそれはおいといて。
 PSO2と初音ミクのコラボとしてとある曲のPVにPSO2の背景とかが使われている的な話は結構前から公式ブログなんかで公開されてて、ちらっと見てみて「うわーこれはwwww」と思ったのですが、現在PSO2ではロビーのモニターでドヤ顔でそのPVがじゃんじゃん流れております。いや良くできたかわいらしいPVなんですけど、この歌詞をゲーム内で流すかーwと言う感じですねえ。何も考えてないのか、わざとなのか、どっちでしょうな。
 因みにその曲の題名は「ネトゲ廃人シュプレヒコール」。タイトルからだめだろうこれw。
 
 さてまあ。
 残念な話としてはPSUが終了することですね。まあPSO2開始でいずれは・・・とは思ってましたが、予想より早かったなあ。
 ちょっと前まで育成ウィーク!とかやってたのにいきなり終了発表とはねえ。このゲームで沢山リアフレできたので残念な話ではありますが、まあ慈善事業ではないしなあ。
 無料開放してるようなのでお別れの挨拶にいってみては如何でしょうか。俺もストミやりにどこかで行こうとは思っております。
6月 032012
 

 ゲーム屋さんで売られている中古のラブプラスを見る度に「カノジョを金で売ったのか…!?」と言う気持ちになり心の薄い本が厚くなる感覚に襲われるTAMです。まあ、これはこれで…。まあDSユーザの方々には先に魔女神判シリーズやってほしいところです。んですれちがい通信で「最近遊んだゲームは『どき魔女2』です!」とか晒してm9(^Д^)プギャーされればいいと思います。ドンマイ、俺。

 と言うかまあすっかりあったかくなりまして無事こたつもしまいまして最近はリア獣の抜け毛をどうしてやろうかと考えている日々でございます。
 
 えー、まあ仕事仕事でばたばたしつつも時間があると最近は3DSやってるかArduinoで遊んでるかどっちかって感じでございます。3DSの方は今更MH3Gとかやってますが、WiiのMH3とストーリーが同じなのでやらされてる感が半端無いわけです。まあいいんですけど。
 Minecraftも最近あまりできてなくて、一度クリエイティブモードでエンダードラゴン戦の攻略方法を考えてみたりとかしたんですが、えーっと、相当準備いるんじゃね?的な結論に達してしまって保留中でございます。
 
 Arduino。
 あまりにおもしろすぎて色々シールドキット買ってみたりとかでちまちまといじっております。手元にあるのはArduino unoが2台とリレーシールド、イーサネットシールドとLCDキットってとこですが、これだけでネットワーク制御可能な電動オナホくらい作れるんじゃね!とかどうしようも無いことを考えたりしいています。元々ハードがからっきしダメで半田こて握るのも何年ぶりだ?とか言うレベルだったのですが、お手軽に組めて実用的な応用が浮かびまくりで楽しくて仕方ないですよねこれ。
 そう言えば「ubuntu系でarduinoのIDE動かすには色々と…」とか言う記事をちらちら見かけてたのだけど、12.04だとsudo apt-get install arduinoで全て完了してしまうのもやる気になった原因ですかねー。とりあえず停電対策で比較的簡単に作れそうなwatchdogでも作ってみようかしら。
 
 まあそんな感じでそれなりに平和でございます。
5月 122012
 

 こたつをしまうタイミングを見失ってオロオロしているTAMです。どうも。

 べ、別にゲームばっかりしてるわけじゃないんだからね!、勘違いしないでよね!、と言う意味を込めて今日はkvmの話でも。
 まあ、俺仮想化に特に詳しいわけでも無いのであまり参考にしないようにだけお願いしたいのですが、結論から言うと、びびってた割に簡単でございました。

Continue reading »