Qt5.5開発環境をWindows10にぶちこむよ

前置きはいりません、はいぶち込みましょう。

コンパイラはVS2013Expressにします。2015はいけるんでしょうか。分かりません。

Qtぶちこみます。VS2013の32/64bit版でいきましょうか。

QtCreator立ち上がるぜ。

早速サンプルをコンパイル。簡単なものですねえ…。

以上。簡単ですねえ。

Windows10のお話

先日公開されたWindows10、TAMも幾つかの環境をアップグレードしております。
なかなか微妙に慣れないところがあったりしますが、まあそれは時間が解決してくれるところですしいいとして。

色々ポイントはあるかとは思うのですが、デスクトップ向けの使い勝手とかはまあ普通なんじゃないですかねえ。スタートメニューで全てのアプリを選んだ時に縦にだらだら出るのはちょっとやりにくい気もするんですが。
個人的にはXPや7の動作に執着は無いし、8出た時も元々スタートボタンの必要性を感じていなかった人ですからスタートボタン復活しても「ふぅん」程度なのですが、8の全画面で全アプリを検索できるかたちは嫌いじゃなかったんだけどなあ…とは思ったり。

結構8.1使っていたのでチャームを開けようと画面はじをうろうろしてしまうのはまあ、慣れるまでは仕方ないかなあw。

で。
今回はタブレットモードが結構いいかんじに見えたり。デスクトップアプリも(やや無理やり)全画面でドンしてくれて、入力可能部分をタッチするとちゃんとソフトウェアキーボードが上がってくる。デスクトップ向けの常駐アイコンも消えてさっぱり。ただまあ、スタートボタン押しにくいよねえ。物理キーあるタブレットならまあいいけど、8みたいにチャームにスタートボタンとか入れれないかしらね。

と言うわけで。
ゲームも特に問題なく動くし(これだいじ)、アップデート後にしばらく更新で重々アンド電池喰いまくりだったりはしますがそれ終わればおとなしく動いてますし。いいんじゃないでしょうか。

余談。
パッケージ版の発売が9/4らしくて、新規インストールってどうやんの…と悩んでらっしゃる方がいるかもしれませんが、MSからISOをダウンロードしてインストール、途中でプロダクトキーを2・3回聞かれるのを頑なに「スキップ」「後で」と入力せずに進め、インストール完了後に設定→更新とセキュリティ→ライセンス認証、からストアで購入、と言う手順で新規インストール+ライセンス購入・認証までいけますねえ。9/4まで待てねえと言う方は試してみてはいかがでしょう。

近況

 どうもスラマッパギ。TAMでございます。相変わらずの「お久しぶり」。

 
 おかげ様で多忙な日々なのですが、ちまちまと環境を整えたり。opensuseも13.2に、plasmaも5.3.95と。plasma5を標準で使う環境ってのもまだあまり無いような気がしますが、だーいぶいい感じになってきてるんですよねえ。今後の開発にQt4系を使う理由ってのもあまりないでしょうし、Qt5環境にどんどん切り替えていきたいですねえ。
 
 OSと言えばWindows10出ましたねえ。自宅のWindows8.1マシンの3台のうち2台はさっくりアップデートかけましたが、まあなんて言うか、チャームを開く癖がなかなか抜けなくてですね…。
 タブレットで使うにはタブレットモードはかなりいい感じに見えました。
 
 そいえば。
 Intensity Proを使ってるとか以前書きましたが、先日Intensity Pro 4Kに入れ替えました。1080iまでのキャプチャだったのが1080pも録れるようになって色々使い道が広がった、と言いたいところなんですが、どうもHDDへの書き込みが間に合ってねえw。ちゃんと使えるようにするにはもうちょっと環境整理が必要なようで。
 
 ゲームの話。
 まあ、あまりできてないのですが、最近steamにSteamOS対応ゲームが山盛りありますからいい感じですねえ。Q3Aとかくらいしかゲームらしいゲームがなかった頃から考えると驚きですよねえ。て言うか最近steamのラインナップに萌ゲーとかが結構散見されるわけで、そのうちエロゲも…とか、まあ、妄想ですなあ。
 Steam Machine普及に期待ですかなあ。とりあえずskyrimとかをですね…。
 
 あとまあ、結構アニメとか見てます。バンダイチャンネルの見放題コースで垂れ流してる感じなのですが、まあおすすめの感想とかそのうちちまちまと書きますかねえ。

あら久しぶり

 『日記』のエントリの冒頭から「お久しぶり」と始める回数に定評のあるTAMです。お久しぶり。

 まあ日記の内容がアレとか言う以前に先週からこのサイト自体が落ちておりました。もはや話にもなりませんが、VPS上でのトラブルを解決する機会を得たぜと言う意味では良い経験だったのではないですか。ポジティブ!。
 まあ、本業で死にかけの時に起こらなければ良い経験で済んだんだけどねえ。
 
 先週の水曜くらいからですかねえ。若干おかしな動作になりまして、うーんと考えて再起動をかけたのですが、なんとそっから起動しない。
 どうもgrubまですら行ってない。
 これが自宅にあるPCならUSBなりから起動してデータぶっこ抜いて復旧、って感じですし、おかげさまでそう言うのは慣れてますので(慣れたくねえけど)問題ないんですけど、ネットワーク越しのVPSださあ大変。
 と言うわけで、最終的にubuntuを空き容量を作ってインストール、必要なデータを抜き出し、もっかいちゃんとインストール、データベースのリペア、ダンプ、流し込み、データの戻し、とか言う作業をやりました。めんどくせ。
 できればマイクラネタとかを書きたかったのにこんなネタで復活とか…。

trac+gitolite

 最近のQtはWindowsのMetroUIにも対応しててすげえなあと思うTAMです。ちょっと凄いですよねえ。手持ちの自作プログラムをコンパイルしてWindowsタブレットにぶちこんで持ち歩きたい気分になります。まあこの話は追々。

 
 rcs→cvs→svn→そしてgit。「ぼっち開発にRCSなんていらんのですよ」とか考えちゃったりもするかも知れませんが、これらの仕組みに共通して言えるのはぼっち開発でもとても便利と言うこと。ごっそりコード書き換えて「おい動かねえ…」とかなってもすぐrevertできると言うだけで気分楽ですものねえ。
 とは言え、色々と変わりすぎじゃないかしらねえ、ってのはあるかなあ。cvsを必死でお勉強してやっと使える感じになったと思ったらsvn出てきて、svn便利っすねー!とか思ってたらgitが流行りだして…と。まあでも、流行に乗っておくと色々とお得と言えばお得です。情報ももりもり出てくるし、なにより、もしかしたらいずれぼっち開発じゃなくなった時にリポジトリをさくっと公開できる…、できる…。
 まあ、個人でバックアップ目的で、なんて言うのなら俺的にはsvnローカルリポジトリをおすすめするのですがね。簡単だし。
 
 で、世の中にはtracと言う素晴らしいものがありまして。元々svnとセットで使う仕組みだったような気がしますが、Wiki、チケット、マイルストーンなんかをリポジトリとセットで管理できるWebツール。これがもうすごぶる便利。TAMも以前からずっと愛用しておりましたが、手元の環境を見たところtrac0.11.7+GitConnector+gitosisってな感じでやや化石。こいつをちょっと、ナウでヤングでモダンな環境にしようじゃないですか、と言う感じです。
 
 と言うわけで、ubuntu14.04にこいつらセットでぶち込みましょう!、と言う感じなのですが、とりあえず過去の環境においてのgitosisが頂けません。何が頂けないのかと言いますと、ubuntuではgitoliteに置き換わってんですよねえ。
 ただまあ、考え方は同じと言うか近いので、gitosis使ってたよーって方は比較的簡単に移行できるんじゃないですかねえ。
 追々のため、gitoliteユーザのホームディレクトリにある”.gitolite.rc”ってファイルの$REPO_UMASKのところを022に修正しておきます。あまりよろしく無い修正とも思いますが、あくまで個人用と考えるとこれしとくと後で結構楽になります。
 
 本命のtrac。
 バージョンは1.0.1なんだそう。ubuntu14.04で入れるんだったらtrac周り一式になりますかねえ。GitConnectorは本体に含まれてるようなので何故かあるtrac-gitパッケージはいらないような気がします。いや、いるのかも知れないけど設定で無効化してんだよねえ。
 TracAccountManagerは便利。あくまで個人用として使うならまあ、お母ちゃんにいたずらされない程度の権限管理は欲しいところですから、これでさくっとユーザを作ってしまうのがいいのではないでしょうか。外で使うならこれにSSLクライアント認証もぶち込んで…とかね。
 余談なのですが、OpenSSLの証明書発行周りで便利なGUIないかなーと思って色々試したのですけど、YaSTのCA管理メニューがよく出来てるように思えました。完全に余談ですが。
 
 で、ここまできたらもうtracすげえできるわけなんですが、最終的にgitリポジトリと連動させるってことになります。これがもうやばくてですね、色つきdiff画面とか、wikiやチケットでリビジョンへのリンクが簡単に貼れたりとか、コミットログにチケットへのリンクを埋め込めたりとか、便利なんですよ本当に。
 んで、リポジトリを指定してやるわけですが、正直全力でおすすめできる形ではありませんが、gitoliteの設定でumaskを調整しておりますので、ここでgitoliteのリポジトリをそのまま指定してやることができたりします。そうしないのであれば、どこかにリポジトリのミラーを作ってフックかけて…的なことになるように思えますが、個人用でいくならこれが楽なんじゃないでしょうか。
 
 とまあ、ここまでいきますと、むちゃくちゃ便利でございます。wikiにさくっとメモって、忘れそうなことはチケットに、期日を切りたければマイルストーンを設定し、リポジトリの修正箇所も色付きでみやすく!。
 まあ本来複数人で作業するのによろしいものなのですが、個人で使うにしてもかなり便利です。最近のtracは1つのtracで複数のリポジトリを関連付けることもできるようなので、リポジトリ増えたからtracも増殖…なんてこともなさげ。是非皆様もご家庭に1台trac。
 最近はgitと連動できるこの手のものはtrac以外にもあるみたいですが、「迷ったらtrac、覚えておくといいわ…」とマールーさんも言っておりました、俺の脳内で。

owncloudのアップグレードに躓いた話

 あぁ^~心が、ギュンギュンします!。チャンネルはそのまま。TAMです。

 数日前の朝に雷がどごんどごんとなりまして、ええもう「ゴロゴロ」とか言うレベルじゃなくてドゴォンドゴォンです。やばいなーと思っていたのですが、悪い予感は的中でネットに繋がらなくなりました。復旧しましたが。
 まあなんて言いますか、ネットが無いと不便っつうか、帰ってもやることがないですねえ。代替通信手段はあるとは言えメインPCがネットに繋がらないだけでまあえらい目に。気を付けたいですねえ。
 
 さておき。
 そろそろ色々と更新を、とか考えて、とりあえずowncloudを7にしてやろうといきがったのでございますが、どうもマイグレーションに失敗するようで。5から一気に7に上げたのがまずかったかなーと。
 んでまあ出てるエラーメッセージを見ると、
An exception occurred while executing 'DROP TABLE `oc_files_versions`':
SQLSTATE[42S02]: Base table or view not found: 1051 Unknown table 'oc_files_versions'
 だそうで。
 見た感じだと特定のテーブルがdropできませんとか言う感じなので、
CREATE TABLE owncloud.oc_files_versions (a int);
 とか適当なことやってやると進みましたとさ。しかし、うーんこれで止まるのか…うーん…。
 
 んでowncloud7なんですけど、色々と外部ストレージをマウントできる仕組みが入ってるみたいで面白そうですよねえ。まだちゃんと触ってないですけど、これで複数のowncloudを束ねたりローカルのFSを外へ!なんてこともやりやすくなるんでしょうか。ちょっと色々試してみようかな。

光るまな板の話

 プリキュア10周年と言う言葉に絶望を禁じ得ないTAMです。まあ多くは語りませんが黒白とサンシャインは俺の青春…青春?。
 
 とにかく鞄が重い。毎日参照するわけでもないのだけど、必要になるかも知れない書類を持ち歩いていたりとかしていると、とにかく重い。なんとかしなければならない。
 自宅に一応卓上スキャナもあるし、1kg程度のノートも愛用してるわけだけど、例えばノート持ち歩くとなると結局書類+ノートでただ単に+1kgと言うなんとも言えない結果になってしまう。よくある話ですよねえ。
 では最近流行り…かどうかは知らないけれど、タブレットとかはどうなのか。重さも500gとかだし、片手で持てるし、電車の中で使っていてもノートPC程の切なさも無いし、問題は「やりたいことできるの?」くらいじゃないの?とか思うわけです。
 と言うわけで、最近タブレットを使っております。
 android?、いやいやまさかご冗談を。Windows8.1です。
 
 一時お外で艦これをやるのに流行ったらしいWindowsタブレットですが、TAMは艦これとか全くやりませんのでわかりません。まあ、Atom積んでWindows8.1が入ってて軽くて小さくてお買い得なタブレットでございます。具体的にはASUSのん。
 Atomとか言うと過去にネットブックとかで使われていて「安くて遅いゴミ」と言うイメージがあったりするわけなんですけど、まあ多方面で言われている通りで最近のAtomは悪くない。まあ、良くもないわけですけど、サイズや駆動時間から考えるに充分すぎる性能に見えますねえ。
 個人的には使い慣れたKDEとかが動くと嬉しいのですが、この手のマシンでLinuxのディストリビューションをインストールできたとしても全てのデバイスが確実に動かせるとは思えないし、おとなしくWindows8.1のまま使っております。
 
 やたらと嫌われるWindows8.1なんですが、まあ前にも言ったかもしれませんが俺は嫌いではないです。ただまあ、実際これが真価を発揮するのはタブレットとかだなあと思っていたのは事実で(いや実際タッチパネル付きPCでWindows8は使ってみていたんですけど、やっぱ持ち運べないとなー)、操作感は特に悪くないし、どうせならデスクトップ使わずに全部アプリでなんとかしたいなあと思う感じです。
 んで考えると、自前の環境で必要なものと言えばgmailとgoogleカレンダー、まあそのへんなんですけど、gmailに関してはWindows8.1の標準メールアプリがgmailもちゃんと扱ってくれるので問題無し(まあぶっちゃけimap経由で接続してるだけっぽいですけどね)。カレンダーに関してもical出力を読みこませれば出力に関しては問題無し。
 chromeはWindows8のアプリとしても動きますから、うん、これでいいんじゃないかな、と言う感じです。
 
 とまあ、別にgoogleのサービスに支配されててもAndroidタブレットいらないじゃん!とか言う感じに見えますが、ここまで見ると「いや、逆にAndroidタブレットでも充分なことしかしてねえじゃんwww」と言うふうにも見えますねえ。でも違うと思うんです。
 Windows8タブレットの最大のポイントは「Modern UIとか言う糞が付いた氏ね」ではなくて、「Modern UIだけど今までのデスクトップ向けプログラムも使えるのよ」と言うところじゃないかなあと思うわけですね。え?、WindowsRT?、ごめん持ってないんでわかんない。
 例えば使うことはあまりなくても、Officeアプリケーションがインストールされているだけで安心する、なんてこともあるでしょう。やろうとは思いませんけど、開発環境を放り込んでおくことだってできるわけです。やろうとは思いませんけど。
 まあ「M社はなんでこんな糞UIを押し付けてくるんだ俺のスタートボタンを返せ氏ね」と言う論調もわからなくはないですが、UIなりの押し付けは別にM社に限ったことじゃあ…おっと。
 正直デスクトップ向けと分けるべきだったんじゃないかなーとは思わなくも無いんだけど、結局8.1でデスクトップではマウスとの親和性も上がったし、これはこの方向でいいんじゃないかなあとか思ったりしております。
 まあ、良質のModernUI向けアプリの数が絶対的に不足していると言う現実はありますけどねえ。こればっかりはねえ。
 
 で。
 なんかWindows8.1をおもっくそプッシュしてるようにも見えますが、正直なところ「いま歴史の真っ只中にいるんだなあ」と感じられる環境じゃないですかね。吹っ切れていない2つの顔を持つWindows8系。Windows9が近いうちに発表されるらしいのでそっちも気になりますねえ。どうするのかな。
 まあ、KDEタブレットとか、欲しいなあ…。
 
 そうだ、もうひとつWindowsタブレットの優れた点があったよ。
 steamのゲームができること。